トップページ > 脂肪や贅肉を落とす

下腹の脂肪を落とすには

スポンサードリンク



下腹の脂肪を落とすにはやはり有酸素運動が一番と言えるでしょう。 有酸素運動は、ゆっくりした動きを長時間持続させる運動のことです。

有酸素運動をおこなっているとき、体は溜まった脂肪をエネルギーとします。 そのため有酸素運動をおこなうと、脂肪を燃焼し脂肪を落とすということにつながるわけです。

運動習慣のない人は1回20〜30分のウォーキングからはじめましょう。 腕を振って、少し大股気味で歩く、これだけでも十分に有酸素運動となります。

運動習慣のある人、もしくは運動に慣れてきたら軽いジョギングでもよいでしょう。 また体に痛みがあったり、より運動の効果を上げたいと思うならば、水中ウォーキングがオススメです。

水中では浮力があるので、体の関節などへの負担は減りますが、水の抵抗で運動の負担は増えます。 お腹から大きく呼吸しながら、水中を歩くとより効果的に脂肪が燃焼できるでしょう。

時々泳ぎも入れると気分転換にもなり、よいかもしれませんね。

下腹の贅肉落とすには

下腹の贅肉落とすには有酸素運動と筋力トレーニングの組み合わせが必要です。 まずは有酸素運動で、下腹にある贅肉、つまり脂肪を燃焼させます。

さらに筋力トレーニングをおこないます。 この筋力トレーニングにはふたつの意味があります。

ひとつめは、気になる部分の筋肉を鍛えて引き締めることです。 下腹に脂肪がついてたるんでいるということは、その部分の筋肉が足りないということです。

ふたつめは、筋肉をつけて基礎代謝をあげるということです。 私たちは呼吸や姿勢の維持など特に「運動」と呼ばない動きのなかでも、エネルギーを消費しています。

これは生きていく上でとても大切なことですが、これを基礎代謝と言います。 基礎代謝は筋肉が多いほど多くおこなわれます。

よって筋肉をつけたほうがよいということです。 筋肉がつけば、有酸素運動での消費カロリーも増え、贅肉が落ち、贅肉が落ちるからまた筋力トレーニングの効果も出る、というよい循環になります。

下腹の贅肉が気になるなら、下腹に重点を置いた筋力トレーニングがよいですが、全身をバランスよく鍛えるとより効果がでます。

スポンサードリンク






[カードローンの情報サイト]

http://www.france-canada.org/

ページトップへ戻る